親名義の家をリフォームする場合の気をつけるべきポイント

親名義の家をリフォームするならこの点に気をつけよう!

リフォームをするきっかけと注意点

親の名義になっている実家をリフォームする際にその費用を子どもが負担するというのは親孝行のひとつとしてありがちなことかもしれません。 しかし親名義の家のリフォーム費用を子どもが負担するということになれば、経済的負担が生じてしまうこともあるようですので注意しましょう。

リフォームの際の問題点を解決するための手段

名義が親になっている家を子どもの名義でリフォームする時の問題点については、お分かりいただけたと思います。 上手に問題を解決しながら親孝行することができるように、ここからはその問題点を回避しながらお得にリフォームするための方法について見ていきたいと思います。

高齢の親にやさしい家づくり

いつまでも元気だと思っていても、親は確実に歳をとっていくものです。 それと同時に家の劣化も進行し、今まで普通に行っていたことが少しずつ負担になっていく親のためにも家のつくりを見直す必要があるかもしれません。 住む人の状態に合わせて家を住みやすいものにリフォームすることも大切なのです。

子どもがリフォーム費用を負担する際の問題点

一般的には、どのような理由からリフォームに着手することが多いのでしょうか?
その家の老朽化が進んだことにより生活していく上での不具合が生じてきたという場合はもちろん、家族構成の変化や住人の生活状況が変わった場合などにもリフォームを余儀なくされるものかもしれません。

家を作り直すためには、すべてを取り壊して基礎部分から作り直すという「建て替え」と土台や基本的な構造は活かしながら新しく作りかえるという「リフォーム」という方法があるのですが、その定義や法的な取り扱いは異なっているので状況に応じて使い分けるといいでしょう。
これらを行う際の手続きについて見てみると「建て替え」の場合には取り壊したあとの「建物滅失登記」から再建築後の「表示登記」に「保存登記」など複数の手続きが必要になる一方で、「リフォーム」であればこれらの煩わしい手続きは不要となっているようです。
ただし工事の規模によっては「建築確認申請」を自治体に提出しておく必要があるといいますから注意した方がいいでしょう。
「リフォーム」ならそれまでの生活を続けながら部分的に行うことができたり、基礎部分が残されていることから測量などの作業を省いて工期を縮めることもできるなどのメリットが見受けられるのです。

築年数の経過した親の家は劣化が進んでいることが予想されますので、適切なタイミングでリフォームを行っておかないと修繕に必要以上の費用と時間がかかってしまうかもしれません。
工事を行う適切な時期を見極めて快適な生活ができるようにしていきましょう。